検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B.C.ビューティー・コロシアム

2009.12.13
『B.C.ビューティー・コロシアム』は、フジテレビで2001年10月26日から2003年9月26日の間に金曜日19:00-19:57(JST)で放送された、容姿の悩みを相談し、解決していくバラエティ番組。また、レギュラー放送終了後は『カスペ!』にて特別番組として放送。ハイビジョン制作。2007年からはステレオ放送で放送されている。目次1概要2司会2.1現在(2004年11月16日以降)2.2過去(~2004年6月1日放送分まで)3ビューティー・コメンテーター4美のプロフェッショナル4.1ヘアー4.2メイク4.3スタイリスト4.4エステティシャン4.5形成外科医・歯科医師5放送日6スタッフ6.1スペシャル版6.2レギュラー版7テーマ曲7.1オープニング7.2エンディング8外部リンク[編集]概要相談者は容姿が原因でどのような経験をしたのかを説明し、整形の決意を司会やゲストに伝える。その覚悟が伝わった時に「ビューティーコロシアム」が開き、美の最前線で活躍する最高のアーティストとされる「美のプロフェッショナル」が、相談者を美しくする方法を提案する。容姿のコンプレックスで人生に迷った相談者を、人生のスタートラインに立たせて応援する事を目的としている。当初の司会は、2ショットチャットアキ子と島田紳助だったが、2004年11月16日放送分以降は和田一人となっている。これはスペシャルは1度だけだと思っていた紳助が同年6月のスペシャルを以って降板したため。2005年11月22日放送からは治療等にかかった費用も出されるようになったが、ほぼ100万円単位の高額だったため視聴者から批判が寄せられた。視聴率的な効果が特にみられなかったこともあり、2007年2月6日放送分からは再び非公開になった。2006年11月26日収録分(2007年2月6日放送)からはハイビジョン制作を開始し、レギュラー放送時代から使用されていたスタジオセットも初めて変更した。レギュラー時代から2007年6月12日放送分以前は「相談者のVTR紹介の後にすでに相談者がスタジオにいて和田たちと話している」という登場方式だったが、2007年10月9日放送分より、「スタジオに相談者が入場してくる場面をうつした後に相談者のVTR紹介、次に和田たちと話す」という方式に変更された。女優の無料携帯ホームページはるかは、ダイエットに挑戦したが、なかなかうまくいかずに怒られたものの、最終的には成功している。過去にはニューハーフの他、外国人、普通の男性も相談者として出演したことがあった。しかし、唯一の男性出演者はダイエットに失敗し、Afterは公開されなかった。また、米倉涼子主演のドラマ『整形美人。』ではこの番組のセットを用いて、主人公が実際に一般参加者として出演し整形を世間にカミングアウトするシーンが撮られ放映された。(※裏番組に吉本の番組があったため紳助は出演なし)番組の最後に、「この番組は美容整形の番組ではない」という意味の説明がテロップで流れる。整形はあくまでも美を手に入れるための一手段であるという番組の考えから、美しくなるために努力する意思がないと見なされた相談者は和田ら出演者に『この番組は整形手術をするための番組ではない』『ただ整形だけして人生が変わると思えない』と諭される。「美のプロフェッショナル」の助言と指導の下、整形手術を一切施さずに容姿を理想に近づけた相談者もいた。一例として2009年6月23日放送分で、病気の子供の介護疲れで顔が老けてしまった女性が登場。だが、ただ若く見られたい、病気の子供に構いっきりで、何も出来なかった長男に恩返しがしたいという理由に和田と中尾出会いランキングが苦言を呈し、扉が開かれなかった。その後、パネラーだったFUJIWARAの藤本敏史が過去の出演者の中から、依頼
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。