検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトリン・ドーレ

2009.12.16
カトリン・ドーレ・ハイニッヒ(Katrin D?rre-Heinig, 1961年10月6日 - )は、ドイツ(旧東独)のライプツィヒ出身の元女子マラソンランナー。1980年代から1990年代にかけて長きにわたって活躍。日本の女子マラソン大会にも何度も出走しており、ゴール後の笑顔がチャーミングで日本からも彼女のファンが多かった。名前は「デーレ」と表記されることもある。経歴当初はトラック選手で、1980年には3000m以上の長距離種目で東ドイツ記録を樹立。1982年にカール・マルクス・シュタット(現・ケムニッツ)で初マラソン(2時間45分54秒)を走る。1984年1月の大阪女子マラソン(現・大阪国際女子マラソン)で日本のレースに初めて出場する。彼女の来日に当たっては、日本陸連理事の帖佐寛章が二度にわたって東ドイツに赴き、東ドイツ陸連と出場の交渉に当たった(出典:『マラソンへの憧憬 - 帖佐寛章伝』ベースボール・マガジン社、2008年)。レース前はまったく下馬評に挙がらなかったが、本番ではロサンゼルスオリンピック代表の座を目指して独走していた増田明美をレース終盤の40.9km付近で逆転し、初優勝を果たす。東ドイツのロサンゼルス五輪代表の可能性があったが、東ドイツが参加をボイコットしたため出場できなかった。同1984年11月の東京国際女子マラソンでも優勝し、その後も日本のレースではたびたび優勝かそれに近い成績を収めた。その後1987年11月の東京国際女子マラソンでは、当時の大会新記録(2時間25分24秒)をマーク、レース後半から独走となり優勝した。1988年9月のソウルオリンピックは、レース後半で金メダルのロサ・モタ(ポルトガル)、銀メダルのリサ・マーチン(オーストラリア)らと競り合い、終盤遅れたものの3位入賞を果たして銅メダル獲得となる。これがドーレにとって五輪唯一のメダル獲得となった。1991年8月の世界陸上東京大会では、金メダルのワンダ・パンフィル(ポーランド)、銀メダルの山下佐知子に次いで、3位に入り銅メダルを獲得。1992年8月のバルセロナオリンピックは、猛暑の影響により体調万全で臨めず、優勝争いにも加われないまま5位入賞に留まった。母国ドイツで開催された、1993年8月の世界陸上シュツットガルト大会では、金メダルの期待がかかっていたが、レース後半で優勝した浅利純子らについていけず後退、6位入賞に終わる。1996年7月のアトランタオリンピックは、レース前半で早々遅れ始め、その後マイペースを維持。終盤に追い上げてゴール直前では有森裕子に肉薄したが、わずか6秒差で銅メダルの有森に届かず、惜しくも4位入賞となった。1999年4月のハンブルクマラソンでは37歳の高齢ながらも、フルマラソンの自己最高記録をマークし優勝となった。2000年のシドニーオリンピックはエントリーしていたものの、足の故障悪化により欠場となる。その後復活はならず、第一線から引退となった。日本の3つの国際女子マラソン大会(東京・大阪・名古屋)で、3レース全てに優勝を果たした最初の女性ランナーであった(その後野口みずきがドーレに続いて2人目、日本女子として初の3国際女子マラソン大会全ての優勝を果たしている)。また、1982年6月のドレスデンマラソンから1986年4月のカール・マルクス・シュタットマラソンまで10連勝している。これは、現在においても女子マラソン最多連勝記録として未だ破られていない。主な成績自己ベストタイム 2時間24分35秒(1999年ハンブルクマラソン)1988年ソウルオリンピック:2時間26分21秒 銅メダル1992年バルセロナオリンピック:2時間36分48秒 5位入賞1996年アトランタオリンピック:2時間28分45秒 4位入賞世界陸上競技選手権大会:1991年東京大会3位、1993年シュツットガルト大会6位東京国際女子マラソン:(1984年優勝、1985年優勝、1986年2位、1987年優勝、1992年2位、1993年3位、1998年5位)大阪国際女子マラソン:(1984年優勝、1991年優勝、1992年3位、1996年優勝、1997年優勝、1998年2位)名古屋国際女子マラソン:(1986年優勝)ロンドンマラソン:(1992年、1993年、1994年優勝) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AC」より作成カテゴリ: ドイツの陸上競技選手 | マラソン選手 | ドイツのオリンピック選手 | ドイツ民主共和国のオリンピック銅メダリスト | ライプツィヒ出身の人物 | 1961年生 | 存命人物カトリン・ドーレ・ハイニッヒ(Katrin D?rre-Heinig, 1961年10月6日 - )は、ドイツ(旧東独)のライプツィヒ出身の元女子マラソンランナー。1980年代から1990年代にかけて長きにわたって活躍。日本の女子マラソン大会にも何度も出走しており、ゴール後の笑顔がチャーミングで日本からも彼女のファンが多かった。名前は「デーレ」と表記されることもある。経歴当初はトラック選手で、1980年には3000m以上の長距離種目で東ドイツ記録を樹立。1982年にカール・マルクス・シュタット(現・ケムニッツ)で初マラソン(2時間45分54秒)を走る。1984年1月の大阪女子マラソン(現・大阪国際女子マラソン)で日本のレースに初めて出場する。彼女の来日に当たっては、日本陸連理事の帖佐寛章が二度にわたって東ドイツに赴き、東ドイツ陸連と出場の交渉に当たった(出典:『マラソンへの憧憬 - 帖佐寛章伝』ベースボール・マガジン社、2008年)。レース前はまったく下馬評に挙がらなかったが、本番ではロサンゼルスオリンピック代表の座を目指して独走していた増田明美をレース終盤の40.9km付近で逆転し、初優勝を果たす。東ドイツのロサンゼルス五輪代表の可能性があったが、東ドイツが参加をボイコットしたため出場できなかった。同1984年11月の東京国際女子マラソンでも優勝し、その後も日本のレースではたびたび優勝かそれに近い成績を収めた。その後1987年11月の東京国際女子マラソンでは、当時の大会新記録(2時間25分24秒)をマーク、レース後半から独走となり優勝した。1988年9月のソウルオリンピックは、レース後半で金メダルのロサ・モタ(ポルトガル)、銀メダルのリサ・マーチン(オーストラリア)らと競り合い、終盤遅れたものの3位入賞を果たして銅メダル獲得となる。これがドーレにとって五輪唯一のメダル獲得となった。1991年8月の世界陸上東京大会では、金メダルのワンダ・パンフィル(ポーランド)、銀メダルの山下佐知子に次いで、3位に入り銅メダルを獲得。1992年8月のバルセロナオリンピックは、猛暑の影響により体調万全で臨めず、優勝争いにも加われないまま5位入賞に留まった。母国ドイツで開催された、1993年8月の世界陸上シュツットガルト大会では、金メダルの期待がかかっていたが、レース後半で優勝した浅利純子らについていけず後退、6位入賞に終わる。1996年7月のアトランタオリンピックは、レース前半で早々遅れ始め、その後マイペースを維持。終盤に追い上げてゴール直前では有森裕子に肉薄したが、わずか6秒差で銅メダルの有森に届かず、惜しくも4位入賞となった。1999年4月のハンブルクマラソンでは37歳の高齢ながらも、フルマラソンの自己最高記録をマークし優勝となった。2000年のシドニーオリンピックはエントリーしていたものの、足の故障悪化により欠場となる。その後復活はならず、第一線から引退となった。日本の3つの国際女子マラソン大会(東京・大阪・名古屋)で、3レース全てに優勝を果たした最初の女性ランナーであった(その後野口みずきがドーレに続いて2人目、日本女子として初の3国際女子マラソン大会全ての優勝を果たしている)。また、1982年6月のドレスデンマラソンから1986年4月のカール・マルクス・シュタットマラソンまで10連勝している。これは、現在においても女子マラソン最多連勝記録として未だ破られていない。主な成績自己ベストタイム 2時間24分35秒(1999年ハンブルクマラソン)1988年ソウルオリンピック:2時間26分21秒 銅メダル1992年バルセロナオリンピック:2時間36分48秒 5位入賞1996年アトランタオリンピック:2時間28分45秒 4位入賞世界陸上競技選手権大会:1991年東京大会3位、1993年シュツットガルト大会6位東京国際女子マラソン:(1984年優勝、1985年優勝、1986年2位、1987年優勝、1992年2位、1993年3位、1998年5位)大阪国際女子マラソン:(1984年優勝、1991年優勝、1992年3位、1996年優勝、1997年優勝、1998年2位)名古屋国際女子マラソン:(1986年優勝)ロンドンマラソン:(1992年、1993年、1994年優勝) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AC」より作成カテゴリ: ドイツの陸上競技選手 | マラソン選手 | ドイツのオリンピック選手 | ドイツ民主共和国のオリンピック銅メダリスト | ライプツィヒ出身の人物 | 1961年生 | 存命人物

zionguのブログ
コサ語 ~空港編~
クレジットカード現金化
パチンコ攻略
ライブチャット
スポンサーサイト

普天間問題 返還白紙、固定化も(産経新聞)

2009.12.16
普天間問題 返還白紙、固定化も(産経新聞)

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先決定を先送りしたことで、米政府との交渉は閉塞(へいそく)状況に陥った。米政府は、同県名護市辺野古以外の移設先を模索する場合、普天間飛行場の返還や在沖縄海兵隊8千人のグアム移転を白紙化する考えをすでに伝達しており、13年前に合意した普天間返還そのものが元のもくあみとなる公算が大きくなった。

 「それはスペース・イシュー(宇宙問題)だ」

 普天間問題をめぐる日米当局者間の会話では、こんな用語が定着した。「宇宙人」の異名をとる鳩山由紀夫首相の意味不明で理解不能な言動を指している。

 移設先や決定時期をめぐる日本政府の対応は迷走した。日米交渉では、日本側は辺野古以外の移設先検討を米側に打診した場面もあった。しかし、米側は固かった。

 「日米合意を崩せば、海兵隊から再び移転の同意を取り付けることは不可能になる」

 米側の切迫感は首相にも伝えられていたが、首相は危機感を抱くことなく新たな移設先探しに固執した。しかし、首相自身が「新たな移設先が簡単に見いだせればいいが、難しい」と述べるように、あてがあるわけでもなかった。

 この間、首相発言の真意を問いただす米交渉担当者に日本側は「首相の発言をあまり真に受けない方がいい」とまで言って、はぐらかすしかなかった。

 15日の基本政策閣僚委員会では、社民党の福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)の抵抗で、移設先決定の期限を区切ることもできなかった。これを受けて、日米外交筋は、「米側が年内交渉に応じる可能性はない」と断言。その上で、こう予想してみせた。

 「来年2月には2011会計年度予算から在沖縄海兵隊8千人のグアム移転事業費が消え、普天間飛行場の改修費が盛られるかもしれない。日本側の合意破棄を理由として、普天間返還そのものがなくなるということだ」

 米政府関係者によれば、「海兵隊は生活に便利な普天間に居続けたいのが本音。日本の足踏みに彼らは乾杯しているだろう」という。合意を破棄したツケは普天間飛行場の固定化という形で払わなければならない可能性がある。

思うこと。。。
噂話
出会いランキング
ネイルサロン
2ショットチャット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。