検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太刀の銘文は卑弥呼統治の証か 魏志倭人伝の記述に符合(産経新聞)

2010.01.07
 刀身に施された象眼が、純金だったことが判明した東大寺山古墳(奈良県天理市)出土の大刀(たち)。研究者は「女王卑弥呼が、黄金の文字が輝く大刀を誇示することで倭国統一を確かなものにしたのかもしれない」と推測し、調査成果に目を見張る。昭和36年の発見から半世紀近くたち、最新の科学の目は、1センチに満たない小さな文字に秘められた古代の日中関係を浮かび上がらせた。

  ■フォト 東大寺山古墳出土の太刀に銘文「中平」

 大刀は、銘文冒頭に記された「中平」の年号から、中国の後漢王朝が西暦184~189年に作ったとの説が有力。中国の歴史書「魏志倭人伝」などによると、日本で170~180年ごろ、「倭国大乱」があり、卑弥呼の擁立で戦乱が終結した時期とほぼ合致する。

 東大寺山古墳を発掘調査した金関恕(ひろし)・大阪府立弥生文化博物館長(考古学)は「女王になったばかりの卑弥呼が中国に使者を送り、金象眼大刀を譲り受けたのではないか」とみる。

 金関氏はさらに、景初3(239)年、中国の皇帝が卑弥呼の使者に対し「五尺の大刀二本、銅鏡百枚などを与える。持ち帰って汝(なんじ)の国中に示せ」と伝えたとする魏志倭人伝の記述に着目。東大寺山古墳の大刀の年号と半世紀ほどずれているものの、中国の権威の象徴であることは変わりないとし、「当時の倭国では相当の権力者でも本物の金を目にすることはなかったはず。中国の権威を帯びた金色の銘文の大刀をかざすことで、各地域の王を統治しようとしたのではないか」と推測する。

 また和田萃(あつむ)・京都教育大名誉教授(古代史)も「銘文が純金なのは、中国王朝が倭国を重視していた証しとも考えられる」と指摘。4世紀中ごろに築造された東大寺山古墳に副葬されていた点については「卑弥呼の時代以来、大和政権中枢に権力の象徴として保管されていたが、政権が安定し、中国の権威に頼らなくても統治できるようになったため、東大寺山古墳の被葬者に与えられたのではないか」と話す。

 東大寺山古墳には大量の武器が副葬されていたことから、武将の墓との説が有力。金象眼大刀の副葬について金関、和田両氏は、日本書紀などに将軍として登場し、この古墳一帯に拠点を置いたという大豪族・ワニ氏の武勲をたたえて与えられたとの見解で一致する。

 この大刀については、日本製との説もあるが、村上隆・京都国立博物館保存修理指導室長は「日本での純金製品の製造は、7世紀後半の飛鳥池遺跡(奈良県明日香村)で確認されている程度。3世紀は純金にするほどの精錬技術はなかったと考えられ、大刀は中国製の可能性が高まった」と述べた。

    ◇

 東大寺山古墳の大刀は6月6日まで、東京国立博物館で展示されている。

【関連記事】
邪馬台国の女王・卑弥呼どんな女帝ぶり
卑弥呼の宮殿、最古の旧石器… 古代史ロマンが次々と 09年発掘回顧
「国内最古」の堂ノ後古墳 掘ってみたら5世紀後半 奈良
【私も言いたい】纒向遺跡は邪馬台国か 「畿内説支持」は6割弱

ひろゆきのブログ
ただおのブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
クレジットカード現金化 比較
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。