検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30年地震確率、高い水準に=新潟・十日町断層帯西部-政府調査委(時事通信)

2010.03.18
 政府の地震調査研究推進本部の地震調査委員会は18日、新潟県の「十日町断層帯」西部(小千谷市から新潟・長野県境付近の長さ33キロ)の長期評価を一部改めた結果を公表した。2005年の当初評価では、今後30年間の地震発生確率を1%としていたが、ボーリング調査などで最新活動時期が3100年以上前と分かり、3%以上に引き上げた。日本の主な活断層では高い水準に当たる。
 全体が一度に活動した場合、地震の規模(マグニチュード=M)は7.4程度。事務局の文部科学省の推定では、長岡市と小千谷市の境界付近や長野県飯山市などの一部地域で、最大震度6強の揺れが起きる。
 一方、同断層帯東部(十日町市内の長さ19キロ)については、過去の活動時期の年代を小幅変更したが、最新活動時期は依然不明で、今後30年間の地震発生確率は0.4~0.7%のままとした。全体が一度に活動するとM7.0程度で、十日町市などで最大震度6弱の揺れが予測される。 

【関連ニュース】
復興方針の早期提示を=首都直下地震で
千葉県で震度3
福島で震度5弱、1人けが=北海道から近畿まで揺れ-1週間は余震注意・気象庁
宮城などで震度4
津波予測、来春にも改善=当初規模から日本沿岸まで

平野官房長官インタビュー☆3(時事通信)
民主・小林千代美衆院議員、「聴取の要請があれば受けたい」(産経新聞)
写真が語る 空襲の恐怖 大阪で特別展(産経新聞)
7000万円横領容疑、会社社長を再逮捕 警視庁(産経新聞)
<岡田外相>「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求(毎日新聞)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。