検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁輸が話題、赤ちゃんザル命名「クロマグロ」(読売新聞)

2010.04.24
 野生猿の餌付けで知られる大分市の高崎山自然動物園で17日、今年最初の赤ちゃん猿(メス)が確認された。

 同園は3月に開かれたワシントン条約の締約国会議でクロマグロの取引禁止が議題になったことにちなみ、「クロマグロ」と名付けた。

 クロマグロは午前9時頃、C群(696匹)に属するメス「ピアス」(推定16歳)が抱いているのを係員が見つけた。体重は推定500グラム。ピアスの第6子で、初めてのメスという。

 ピアスは餌付けの寄せ場で、気持ちよさそうに寝ているクロマグロの体を丁寧に毛繕いしていた。

 同園は毎年、最初に確認した赤ちゃん猿には、その年の出来事や話題にちなんだユニークな名前を付けている。今年はバンクーバー五輪フィギュアスケートの銀メダリスト・浅田真央選手にちなんだ「マオ」や、人気の「エコカー」も候補に挙がったという。

 同園職員の但馬孝光さん(54)は「元気に育って、ピアスのようなお母さんになってほしい」と話していた。

 同園によると、赤ちゃん猿は8月にかけて約200匹生まれる見込み。

ベトナム原発受注へ尽力要請=岡田外相(時事通信)
東京都練馬区の弁当店に強盗 60万円奪われる 警視庁行方追う(産経新聞)
日米、初の共同治験 医療機器承認遅れ解消狙う(産経新聞)
JR富山駅、仮駅舎の利用開始=北陸新幹線工事で〔地域〕(時事通信)
<臥龍桜>陽気に誘われ満開 岐阜・高山(毎日新聞)
スポンサーサイト

<行政透明化>検討チーム初会合 6月をめどに関連法改正案(毎日新聞)

2010.04.21
 枝野幸男行政刷新担当相は20日午前、自身が座長の「行政透明化検討チーム」の初会合を開き、国や独立行政法人の情報公開制度の見直し方針の素案を示した。国民の「知る権利」の明示を掲げ、開示対象の拡大・明確化や開示手続きの迅速化などを盛り込んだ。6月をめどに情報公開法など関連法の改正案をまとめる。

 素案では、開示請求された行政文書全体を開示しないと決定する場合には、事前に首相に報告し、首相が必要と認めた場合は閣僚ら行政機関の長に対し不開示決定の取り消しを求める制度の導入を提起している。

 開示手続きの迅速化では、請求日から開示・不開示決定までの期限を現行の30日から14日に短縮する。情報公開を巡る訴訟では、不開示決定された文書を裁判官が実際に読み込み、公開の是非を判断する「インカメラ審理手続き」を導入。事後救済制度の強化では、不服申し立てから審査会の諮問までの期間を14日以内と定める。

 チームは同法を所管する総務省の階猛政務官や大学教授、弁護士ら有識者で構成している。【影山哲也】

【関連ニュース】
国家戦略室:ヒアリング記録「一切保有せず」 子ども手当
砂川事件:関連文書「不存在は遺憾」…答弁書を閣議決定
砂川事件:「跳躍上告検討」など外務省公開文書に協議内容
学力テスト:学校別の正答率を公開 横浜市教委
砂川事件判決:日米密談の文書存在 外務省が一転開示

河村市長「減税こそ最高のサービス」恒久化案提案(読売新聞)
夫婦別姓導入を提言=新計画へ中間整理-男女参画会議(時事通信)
山崎さん、着物姿ですし振舞う 野口さんも手伝う(産経新聞)
財政試算示すも「持続性」に不安の声-高齢者医療制度改革会議(医療介護CBニュース)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上-福岡(時事通信)

舛添氏、橋下・東国原知事との連携に積極姿勢(読売新聞)

2010.04.17
 自民党の舛添要一・前厚生労働相が、橋下徹大阪府知事や東国原英夫宮崎県知事らとの連携に積極的な姿勢を見せている。

 新党結成や政界再編を視野に入れた人脈づくり、支持基盤拡大の一環とみられるが、自民党内に摩擦を生み、自らの孤立化も招いている。

 舛添氏は14日夜、静岡市で講演し、「地方を変えることが国の形を変えることになる」と訴えた。これに先立ち、国会内で記者団に、「政治家は政策提言が仕事だ。橋下、東国原氏とは政策で連携する」と語った。

 舛添氏は15日、東国原氏と東京都内で会談する。東国原氏は14日、舛添氏について、「国のトップに立つ資質を備えた方だ。髪の毛(が薄い)という共通の話題、悩みもある」と親密さをアピールした。

 舛添氏は最近、インターネット上で、大阪府が税率や規制を自由に決定できる「大阪独立国構想」を発表した。発表前には、橋下氏と意見交換を重ねた。

 橋下氏は14日、大阪府庁で記者団に、「大阪全体を特区にすることには大賛成だ。実現できる流れになるなら、のっかっていく」と語り、舛添氏との連携に前向きな姿勢を示した。

 ただ、舛添氏は自民党を批判すると同時に、「あらゆる可能性はすべてオープン」と繰り返すばかりで、最終的な目標をどこに置いているかは定かではない。自民党内では、「総裁になる形で執行部一新が実現しなければ、新党を結成する構えだろう。大阪構想は、人気のある橋下氏を抱え込む『誘い水』だ」という見方が出ている。

 舛添氏は2月、菅義偉・元総務相らと勉強会「経済戦略研究会」を発足させたが、派閥には属しておらず、党内基盤の弱さが指摘されている。党の批判を繰り返す間に距離を置く議員も増えており、ある中堅議員は「1人で跳びはねて、離党する雰囲気が強まっている。ついていく議員はほとんどいないだろう」と語った。

 橋下氏も14日、舛添氏と新党を結成する可能性については、「国政に対し、僕がどうこうするということではない」と述べ、慎重姿勢を示した。東国原氏も14日、兵庫県西宮市で記者団に、参院選への自らの出馬について、「今年は(知事としての)任期を全うすることを県民の方々と約束している。出馬はないと明言できる」と語った。

【from Editor】ブロガーからのエール(産経新聞)
<立川談志さん>高座に復帰(毎日新聞)
受動喫煙防止条例に立腹、脅迫メールの男に罰金(読売新聞)
地下鉄御堂筋線に男性転落、遅れ(産経新聞)
疼痛治療薬に関するライセンス契約が終了―持田製薬(医療介護CBニュース)

線路に砂袋 特急が停止 東海道線(産経新聞)

2010.04.12
 4日午後9時ごろ、京都市南区のJR東海道線向日町駅付近で、走行中の富山発大阪行き特急サンダーバード42号(9両編成)の運転士が異音に気づき緊急停止した。運転士が付近で、車輪に踏まれたとみられる敷石入りの砂袋を発見、JR西日本の職員が京都府警に通報した。乗員乗客約500人にけがはなかった。

 JR西によると、砂袋はナイロン製で重さ約2キロ。敷石の飛散防止ネットを押さえるため線路脇に置いてある。南署は何者かが砂袋を線路上に置いた可能性もあるとみて、列車往来危険容疑で調べている。

<今どきの更年期>男性にも、めまい・うつ(毎日新聞)
50法人超が対象=国民生活センターや住宅金融機構-事業仕分け第2弾(時事通信)
橋下知事「パー券、今後は断る」 誘致パラマウント窓口の購入(産経新聞)
働く女性、7年ぶり減少=男性との賃金格差縮小-09年厚労省まとめ(時事通信)
4児死亡火災、火元は車内のライターと断定(読売新聞)

新党参加見送り、邦夫氏「私への消極論あった」(読売新聞)

2010.04.07
 無所属の鳩山邦夫・元総務相は7日午前、都内の自宅前で記者団に、平沼赳夫・元経済産業相らによる新党への結党時の参加見送りについて、「私に対する消極論が(平沼氏らの中に)あった。意見が割れていた」と述べ、平沼氏側の事情で合流が見送られたとする見解を示した。

無資格で会社分割を提案 弁護士法違反の疑いで、コンサル会社など家宅捜索(産経新聞)
【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)
小沢氏、共同資産不記載 土地とホテル 公表義務に抵触も(産経新聞)
<車両火災>ワゴン車全焼、3歳と1歳姉妹無事 宮城・柴田(毎日新聞)
川崎市で朝火事、父親と幼児2人が重体(読売新聞)

<水俣病>29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定(毎日新聞)

2010.04.02
 水俣病未認定患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」(熊本県水俣市)が国と熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めた訴訟で、同会は28日、水俣市で原告団総会を開き、熊本地裁が示した和解案の受け入れを決めた。被告3者は既に受け入れを表明しており、29日に熊本地裁である和解協議で基本合意成立は確実となった。3万人以上に上るとみられる未認定患者の救済問題は、事実上決着へ向かう。

 総会には原告2123人のうち1050人が出席し、931人分の委任状が出た。患者会の大石利生会長は「原告のうち55人が既に亡くなっており、早期救済を求めたい」と述べ、挙手による採決で反対は1人だけだった。

 和解案は▽一時金1人当たり210万円▽療養手当同1万2900円~1万7700円(月額)▽過去の活動費補てんなどで原告団に29億5000万円の団体一時金--を支払うなどの内容。今月15日に熊本地裁が原告、被告双方に提示した。同会は東京、大阪地裁でも会員58人が訴訟を起こしているが、今回の和解内容に沿った解決が図られる見通し。

 国は他の未認定患者団体についても、昨年成立した水俣病被害者救済特別措置法(特措法)に基づき、同様の条件で救済を進める方針。「水俣病出水の会」(鹿児島県出水市)など3団体は和解案を受け入れる方向で、国は4月にも特措法に基づく救済方針を閣議決定し、5月1日に水俣市で開かれる水俣病犠牲者慰霊式までに救済手続き開始を目指す。

 ただ、もう一つの訴訟派団体「水俣病被害者互助会」(水俣市)は、水俣病認定基準の見直しなど、より抜本的な解決を求め、原告9人が熊本地裁で裁判を続ける意向だ。

 不知火患者会は1人あたり850万円の損害賠償を求めて05年10月に第1陣50人が提訴し、現在の原告数は2123人。裁判での解決を求める立場から特措法による決着を拒み、国も判決を求めていたが、政権交代後の昨年10月、田島一成副環境相が患者会に和解方針を示し、今年1月から熊本地裁で和解協議が始まっていた。【足立旬子、西貴晴】

【関連ニュース】
水俣病:未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ
水俣病損賠訴訟:和解案、チッソも受け入れ
水俣病:不知火会との和解所見、積極受け入れへ 熊本知事
水俣病訴訟:不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相
水俣病:患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で

ヤマハ柳社長、自工会の二輪車特別委員会委員に(レスポンス)
記念電車ヘッドマークデザイン募集 島根・古代出雲歴史博物館(産経新聞)
自民幹事長、舛添氏と会談(時事通信)
写楽の傑作、35年ぶりにオークションに(産経新聞)
無罪判決後のブログ書き込み、名誉棄損を認定(読売新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。